キューRクラウド
すぐに始める
ログイン
QRコードをスマートな管理をしよう
QRコードを使って業務をシンプル化

キューRクラウドはデータ入力や情報検索などの操作を二次元バーコード(QRコード※1)を使って、簡単に導入することができる無料※2のQRコード管理機能付き汎用型Webデータベースシステムです。

フリーマーケットで購買管理をしたい
イベント会場で参加者確認をしたい
入退室記録を導入したい
備品の貸出管理をしたい
QRコードで商品情報を表示したい
伝票の代替入力手段で使いたい
会員カードで本人確認をしたい
遠隔地とデータを共有したい

Excelファイルのデータに紐づけされたQRコードを簡単に作成できます。用途に特化した専用システムは高機能で便利な反面、学習コストが発生します。キューRクラウドは日常Excelを使っている方なら直感的に使えます。管理したいExcel(エクセル)データが手元にあれば、QRコードを使って様々な業務が、PCはもちろんスマホからもデータの管理が利用ができるようになります。

※1 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※2 1ファイルあたり50件、最大5ファイル分まで無料でご利用いただけます。
QRコード管理機能付きWebシステム

キューRクラウドQRコード作成から管理まで簡単に実現できる汎用型Web管理システムです。

ご自身で準備したExcel(エクセル)やCSVファイルデータをキューRクラウドに取り込むとWebデータベースが構築され、データに紐づけされたQRコードを作成することができます。発行したQRコードをスマートフォンから読み取れると、その場で紐づけされたデータをスマホで表示することができます。また読み取った時刻情報も記録を行います。データの管理はパソコンはもちろんスマートフォンにも対応。場所を問わずにデータ編集操作を多人数で共有管理も可能です。


キューRクラウドの流れ
読取情報はリアルタイムに記録

一般のバーコードを読み取った場合はバーコードで記録されている文字列情報のみをPCにキーボード信号で転送するか、スマートフォンアプリやバーコードスキャナの内部メモリに蓄積してから別環境に転送しなければなりません。リアルタイムにデータ管理をするには別途新たにソフトウェアやシステムを新規開発し組み込む必要があります。

一方、キューRクラウドが発行するQRコードならランダムなURL文字列で構成されるため一般に配布されているバーコードスキャナアプリがそのまま使えます。読み取ったURLをWebブラウザからアクセスするとリアルタイムに読み取り情報がクラウドサーバに記録されます。


バーコードの記録方法
記録方法は2パターン

更新モードと追記モード

QRコードのスキャン情報の記録パターンは、読み取り回数を上書きで記録する更新モードと、読み取りのたびにデータを書き足して記録する追記モードの2パターンあります。QRコードを使った業務管理はいずれの2パターンに分類されます。

更新モード

QRコードの読み取り回数を上書きで記録するモード
(在庫管理、イベント出欠管理、会員カード管理など)

追記モード

QRコードの読み取り情報を追記で記録するモード
(入退室管理、入出庫管理、商品販売レジ管理など)

読み取りデータの記録には「更新モード」と「追記モード」の2パターン。お使いの用途に応じてどちらの運用もサポートします。


利用するには何が必要?

パソコンとスマートフォンがあれば利用できます

別途専用機器をご準備していていただく必要はありません。インターネットに接続できるパソコンとスマートフォン、QRコードを読み取ることのできる一般的に配布されているアプリがあれば利用できます。

QRコードの読み取りはスマートフォン

QRコードの読み取りはスマートフォン

生成されるQRコードはURL文字列です。お手持ちのスマートフォン用QRコードを読み取るアプリ、Webサイトにアクセス可能なWebブラウザとインターネット接続環境(オンライン環境)が揃っていればすぐにお使いいただけます。

ゲストユーザ機能(有料バージョン)

ゲストユーザ機能

契約者である管理ユーザ※3のほか、管理ユーザの管理下であるゲストユーザ※4アカウントの2種類をご用意しています。ゲストユーザ機能を使えばQRコードをスキャンした方の情報も記録できます。

※3 管理ユーザは申込みしたご本人のアカウントを指します。
※4 ゲストユーザ作成機能は有償バージョンからのご提供となります。
操作手順

QRコードで管理したいデータリストをExcelまたはCSVで準備します(定義ファイル※5と呼びます)。キューRクラウドに定義ファイルが取り込まれると定義リストとして登録され、コードの作成や読み取りをはじめ、一連の管理操作がクラウド上で行うことができるようになります。


手順1

QRコードで読み込み管理したいデータをExcel/CSVファイルで作成

手順2

キューRクラウドにログインし、STEP1で生成したファイルを取り込む

手順3

取り込んだデータリストからQRコードを生成

手順4

生成したQRコードをスマートフォンからスキャン

手順5

読み取ったURLにWebブラウザからアクセス※6してクラウドサーバに記録

手順6

記録されたデータをクラウドサーバからダウンロードして個別管理

汎用Web管理システムして使用でき、PCだけでなく簡単なデータ操作ならスマートフォンからでもデータ管理が可能です。Excel/CSV形式にてファイルダウンロードもできますのでご自身の管理環境にデータを引き継ぐことが可能です。

※5 定義ファイルの作成方法などの詳しい内容は「使い方紹介」をご覧ください
※6 セキュリティを確保したモードでは事前にキューRクラウドへログインが必要です。
ご提供プラン

無料プランのほか、スタンダードプランとプレミアムプランの3プランをご用意しております。

無料プラン

無料
種類 上限数
Web公開数 10件
定義リスト数 5ファイル
定義データ数 50件(行)
追記データ数 100件
ゲストユーザ数 不可
すぐに始める

スタンダードプラン

800円(税別)/月
種類 上限数
Web公開数 100件
定義リスト数 100ファイル
定義データ数 500件(行)
追記データ数 2000件
ゲストユーザ数 100人

プレミアムプラン

4500円(税別)/月
種類 上限数 
Web公開数 無制限
定義リスト数 無制限
定義データ数 2000件
追記データ数 無制限
ゲストユーザ数 無制限
※6 Web公開数とは、簡易な作表データをWebコンテンツに変換し公開するサービスです。詳しい内容は「使い方紹介(Webモード)」をご覧ください。

上限数とはサーバ上に記録できる保持件数を示しています。上限数を回避させるために一連の作業完了後にバックアップをお取りいただき登録データを削除し、新たに別データを登録することで使い回し運用ができます。

作成したQRコードはサーバにデータが保持されている期間中は有効です。ただし一度でもクラウドサーバから定義リストを削除してしまうと、たとえ同じ定義ファイルをアップロードをやり直しても作成済QRコードは全件無効化(再発行しても別コードになる)されます。

上限数を超えるデータを管理やゲストユーザ機能のご利用を希望される場合は有料プランへのアップグレード(スタンダードユーザまたはプレミアムユーザ)をご検討ください。

有料プランの利用料金は前払いによるデポジットチャージ方式※7を採用しています。アップグレード申し込み時に利用期間分をご入金頂くと直ちに適用されます。課金開始は翌月末日から契約プランに応じた金額分を毎月末日にてチャージから差し引かれます(アップグレード申し込み月は無料)。チャージ金がなくなると、翌月1日から無料ユーザにダウングレードされます。お支払い方法は現在のところ銀行振込のみとなります。請求書発行も可能です。チャージする金額は最低1ヶ月分から自由に設定できます。

※7 課金に関する詳しい内容は「よくある問い合わせ(料金・支払い)」をご覧ください。
利用開始までの流れ
登録にはメールアドレスとお名前のみ
登録後すぐにはじめられます

受信可能なメールアドレスとお名前のみではじめられます(フリーメール可)。法人の方も申し込みされる管理者の方のメールアドレスでご登録ください。登録するメールアドレスでキューRクラウドからメール受信できる方が管理者となります。有料プランのご利用は無料プランで初期登録後にアップグレードしていただく手順となります。

手順1

こちらをクリックして受信可能なメールアドレスを入力してOKボタンを押します。

手順2

メールが届きます。本文にあるURLにアクセスするとメールアドレスの認証が完了します。

手順3

認証が完了するとログインパスワード(初期値)をメールで通知します。

手順4

メールアドレスと初期ログインパスワードを用いてキューRクラウドにログインします。

手順5

初回ログイン後、お名前を登録します。初期パスワードはいつでも変更できます。

手順6

無料プランからお試しになり、利用度合いに応じてアップグレードをご検討ください。

無料プランの有効期限は最終ログイン日から1年間です。1年以内に定期的にご利用される方は永久的に利用できます。1年間全くご利用になられないとアカウントは削除されます。削除後、再びご利用される場合は改めて新規登録して頂く必要があります。

あらゆる用途で利用可能

キューRクラウドが生成するQRコードは管理したいデータに関連付けしたユニークなランダム文字列のURLです。クラウドサーバに記録するデータはQRコード内に埋め込まれた文字列ではなく、クラウド上で紐づけされたデータが記録されます。そのためQRコードの文字列からはデータ内容が見えないためセキュリティ面も確保されます。下記のようなあらゆる業務用途でキューRクラウドを活用することができます。

イベント出欠管理

イベント出欠管理

参加者にQRコードを配布して出欠情報を記録します

備品管理

備品管理

備品にQRコードを貼付して貸出情報を記録します

入出庫管理

入出庫管理

商品ごとにQRコードを貼付して入出庫記録情報を管理します

会員カード管理

会員カード管理

会員カードにQRコードを印刷して会員情報を確認します

伝票管理

伝票管理

伝票にQRコードを印刷して業務進捗状況を記録します

商品販売レジ管理

商品販売レジ管理

商品にQRコードを貼付して販売情報を記録します

割引クーポン発行

割引クーポン発行

QRコードを配布して割引情報を管理します

Webサイト誘導

Webサイト誘導

QRコードからWebサイトに誘導を促します

QRコードの活用範囲はさまざまですがやるべきことは2つ。「専用QRコード発行」と「スキャン情報の記録」です。現在お使いの管理環境を活用しながらExcelやCSVファイルを介してデータ連携が図れます。