キューRクラウド

社内備品管理

パターン別でQRコード管理方法を紹介

キューRクラウドの使い方事例集

社内備品管理

私は会社資産である社員貸与パソコンの管理責任者です。これまではPC管理台帳をエクセルファイルにて管理していましたが、QRコードを使って瞬時にデータの編集できる環境を構築するため、キューRクラウド更新モードを使って行うことにしました。

STEP1

備品管理リストをExcelで作成します。1行目はヘッダ名(カラム名)、2行目以降にデータ内容を記載します。

1列名の情報はQRコード発行時のキー値情報となります。サンプルのケースでは備品の管理番号をキー値としました。

作成したデータリストをキューRクラウドでは定義リストと呼び、作成したファイル名を定義ファイル名と呼びます。備品貸出管理リスト.xlsxの名称でファイル保存しました。

CSV形式(カンマ区切り、UTF-8 BOMなし)で作成することもできます。サンプルデータ

データ数制限として1ファイルあたり列数は20列、行数は無料ユーザが50行、有償ユーザなら500~2000行までキューRクラウドに登録できます。


備品管理リストExcelファイル準備

STEP2

キューRクラウドログインし、メニューから更新モードを選択します。

STEP1で作成した定義ファイルをキューRクラウドに取り込みます。(取り込み操作はパソコンのみ対応)

キューRクラウドに取り込み

STEP3

定義リストがキューRクラウドに正しく取り込まれたことを確認します。

定義リスト名には取り込んだファイル名が反映(拡張子を除く)されています。Excelファイルで取り込んだ場合は1番目のシートの内容のみが登録されます。複数シートのデータが入っていても2番目以降のシート内容は無視されます。

定義リストの内容確認

STEP4

定義リスト名をクリックするとデータ内容が閲覧できます。想定通りにデータが登録されているかを確認します。

定義リストデータ画面にある鍵閉マークのQR発行ボタンを押すと備品の管理番号ごとにQRコードを生成することができます。

サンプルでは管理番号データ全件一括でQRコードを生成します。

定義リストデータ一覧

STEP5

QRコードをまとめて生成するため、印刷プレビューボタンを押しA4台紙に一括プリントアウトを行い、備品資産に貼り付けます。

png形式の画像ファイルとしてまとめてダウンロードすることもできます。

QRコード一括プリントアウト

STEP6

備品に貼付したQRコードをスマートフォンから読み取ります。QRコード読み取りは一般的なバーコードリーダアプリを使います。QRコードの中身はURLです。Webブラウザでアクセスします。

QRコードをスキャン

STEP7

備品のデータの内容がスマートフォンに表示されるようになります。

発行したQRコードがセキュアモードであれば、予めキューRクラウドにログインしておく必要がありますが、読み取ったデータをその場で編集することができます。

セキュアモードについて詳しくは「パブリックモードとセキュアモードの使い分けについておしえてください。」をご覧ください。

詳細データ内部確認

QRコードの利用範囲はWebアクセスの代替手段や決済処理だけではありません。QRコードを使うことでデータの詳細を表示させたり、入力業務の代替させたりと、あらゆる業務を省力化の可能性が広がります。

内部リンク