キューRクラウド
使い方紹介

キューRクラウドの使い方をご紹介します。お使いになりたい事例に近い業務シーンをご覧いただくことで使い方わかるようになっています。下記の業務シーンからお選びください。

イベント受付(更新モード)

受付システムには様々パターンがあります。会場に受付デスクを設置できる場合もあれば、机の準備が困難な屋外でのイベント受付もあります。不特定多数の方に対し現地で参加確認を迅速に行うシーンとして以下のような様々なケースが考えられます。

セミナー会場受講者受付
パーティ会場招待者受付
野外イベント参加者受付
送迎バス乗客者受付

それぞれ目的は違いますが、システム的な動作フローはすべて同じです。予め対象者に参加確認用QRコードを発行し、受付当日、参加者から提示されたQRコードを読み取ることで「誰が」「いつ」訪問したのかを瞬時に確認することが目的となります。ここでは予め決まったメンバーに対してセミナーを開催するシーンを例に挙げて紹介します。

会場を借りて技術セミナーを開催することになりました。当日会場にてセミナー参加者の出欠確認をスピーディに行いたいと考え、キューRクラウド更新モードを使って出欠確認を行うことにしました。

STEP1

イベント出席者リストをExcelで作成します。1行目はヘッダ名(カラム名)、2行目以降にデータ内容を記載します。

1列名の情報はQRコード発行時のキー値情報となります。サンプルのケースではイベントに出席される方の名前をキー値としました。

作成したデータリストをキューRクラウドでは定義リストと呼び、作成したファイル名を定義ファイル名と呼びます。技術セミナー出席者リスト.xlsxの名称でファイル保存しました。

CSV形式(カンマ区切り、UTF-8、BOMなし)で作成することもできます。サンプルデータはこちらから。

データ数制限として1ファイルあたり列数は20列、行数は無料ユーザが50行、有償ユーザなら500~2000行までキューRクラウドに登録できます。

Excelファイルの準備

STEP2

キューRクラウドにログインし、メニューから更新モードを選択します。

STEP1で作成した定義ファイルをキューRクラウドに取り込みます。 (取り込み操作はパソコンのみ対応)

ファイル取り込み

STEP3

定義リストがキューRクラウドに正しく取り込まれたことを確認します。

定義リスト名には取り込んだファイル名が反映(拡張子を除く)されています。Excelファイルで取り込んだ場合は1番目のシートの内容のみが登録されます。複数シートのデータが入っていても2番目以降のシート内容は無視されます。

定義ファイルリスト確認

STEP4

定義リスト名をクリックするとデータ内容が閲覧できます。想定通りにデータが登録されているかを確認します。

定義リスト内容が想定と異なっていた場合はキューRクラウドから一度削除してからもう一度アップロードをやり直します。再登録操作は何度でも可能です。

同時に登録できる定義ファイル数は無料ユーザは5ファイルまでですが、有償ユーザなら500~無制限となります。

定義ファイルのデータ確認

STEP5

STEP4の定義リスト内にある鍵閉マークのQR発行ボタンを押してQRコードを生成します。

サンプルでは一番目のデータの奥田 杏さん用のQRコードを生成して、QRコード表示用のURLを奥田 杏宛にメールで送信することにします。

定義ファイルのデータ確認

STEP6

メール送信ボタンを押すとメール送信専用フォームが別ウインドウで開きます。定義リストにメールアドレス(@マークが含んだ文字列)が含まれていると自動で送信先メールアドレス欄に入力されます。

奥田 杏さん用のQRコード表示用URLが表示されています。その他文章は必要に応じて作成します。送信ボタンを押すとキューRクラウドから奥田 杏さん宛にメールが送信されます。

メール送信フォーム

STEP7

イベント会場の受付で参加者の奥田 杏さんからメール送信したURLからWebブラウザで表示されるQRコードを提示してもらいます。

受付でQRコードを提示

STEP8

お手持ちのスマートフォンからキューRクラウドにログイン操作※6を行った後、奥田 杏さんから提示されたQRコードをスマートフォンアプリを使ってスキャン(読み取り)します。

スキャンすると画面上に奥田 杏さんの情報が表示されるので、その場でご本人確認を行うことができました。

※6 セキュアモード用QRコードを参加者にメール送付したため

QRコードをスキャン

STEP9

キューRクラウド読取データから出席者の受付状況をスマートフォンで確認します。

サンプルでは奥田 杏さんのQRコードがスキャン回数が確認※7できました。

※7 複数回、同じQRコードをスキャンすると、スキャン回数が更新されていきます
QRコードをスキャン

STEP10

イベント終了後、パソコンからキューRクラウドにログインして読取データをExcel形式でファイルダウンロードを行って参加者情報を保存しました。

スキャン情報をファイルダウンロード

ご紹介したサンプルでは予め参加者リストが完成してる場合を想定していますが、参加者を事前登録として専用Webフォームを準備して、直接QRコードの発行とメール通知を行う機能を追加で導入することも可能です(有料)。詳しくは「こちら」お問い合わせください。



データベース管理(更新モード)

すでにある大量のデータを管理する上で、現物(モノ)に対しQRコードを設定して、QRコードを読み取ることで対象となるデータの閲覧、編集、削除などの管理操作をするケースがあります。

社内備品管理
販売商品管理
倉庫棚明細管理
レンタル管理
進捗工程管理

QRコードを貼り付ける対象物は様々あります。社内で管理している備品、商品、収納箱、貸し出し品など。モノに対しQRコードを付与してデータ管理する考え方はすべて同じです。モノの属性情報(詳細データ)を瞬時に表示してデータ操作するのが目的となります。社内備品管理レンタル管理の2パターンをご覧ください。

私は会社資産である社員貸与パソコンの管理責任者です。これまではPC管理台帳をエクセルファイルにて管理していましたが、QRコードを使って瞬時にデータの編集できる環境を構築するため、キューRクラウド更新モードを使って行うことにしました。

STEP1

備品管理リストをExcelで作成します。1行目はヘッダ名(カラム名)、2行目以降にデータ内容を記載します。

1列名の情報はQRコード発行時のキー値情報となります。サンプルのケースでは備品の管理番号をキー値としました。

作成したデータリストをキューRクラウドでは定義リストと呼び、作成したファイル名を定義ファイル名と呼びます。備品貸出管理リスト.xlsxの名称でファイル保存しました。

CSV形式(カンマ区切り、UTF-8 BOMなし)で作成することもできます。サンプルデータはこちらから。

データ数制限として1ファイルあたり列数は20列、行数は無料ユーザが50行、有償ユーザなら500~2000行までキューRクラウドに登録できます。


備品管理リストExcelファイル準備

STEP2

キューRクラウドにログインし、メニューから更新モードを選択します。

STEP1で作成した定義ファイルをキューRクラウドに取り込みます。(取り込み操作はパソコンのみ対応)

キューRクラウドに取り込み

STEP3

定義リストがキューRクラウドに正しく取り込まれたことを確認します。

定義リスト名には取り込んだファイル名が反映(拡張子を除く)されています。Excelファイルで取り込んだ場合は1番目のシートの内容のみが登録されます。複数シートのデータが入っていても2番目以降のシート内容は無視されます。

定義リストの内容確認

STEP4

定義リスト名をクリックするとデータ内容が閲覧できます。想定通りにデータが登録されているかを確認します。

定義リストデータ画面にある鍵閉マークのQR発行ボタンを押すと備品の管理番号ごとにQRコードを生成することができます。

サンプルでは管理番号データ全件一括でQRコードを生成します。

定義リストデータ一覧

STEP5

QRコードをまとめて生成するため、印刷プレビューボタンを押しA4台紙に一括プリントアウトを行い、備品資産に貼り付けます。

png形式の画像ファイルとしてまとめてダウンロードすることもできます。

QRコード一括プリントアウト

STEP6

備品に貼付したQRコードをスマートフォンから読み取ります。QRコード読み取りは一般的なバーコードリーダアプリを使います。QRコードの中身はURLです。Webブラウザでアクセスします。

QRコードをスキャン

STEP7

備品のデータの内容がスマートフォンに表示されるようになります。

発行したQRコードがセキュアモードであれば、予めキューRクラウドにログインしておく必要がありますが、読み取ったデータをその場で編集することができます。

セキュアモードについて詳しくはこちらの「パブリックモードとセキュアモードの使い分けについておしえてください。」をご覧ください。

詳細データ内部確認

レンタル管理(更新モード)

私は会社の共有ルームの鍵の管理責任者です。これまでの鍵の貸し出し管理は、都度貸し出すたびに管理台帳にペンで記述してもらい管理していました。これからは鍵のホルダーにQRコードを貼付してキューRクラウド更新モードを管理することにしました。

STEP1

備品管理リストをExcelで作成します。1行目はヘッダ名(カラム名)、2行目以降にデータ内容を記載します。1列名の情報はQRコード発行時のキー値情報となります。ここでは鍵の部屋名と貸し出し状況、返却日、及び貸与者を記録することにしました。


作成した鍵管理データリストをキューRクラウドでは定義リストと呼び、作成したファイル名を定義ファイル名と呼びます。鍵貸出管理リスト.xlsxの名称でファイル保存しました。

CSV形式(カンマ区切り、UTF-8 BOMなし)で作成することもできます。サンプルデータはこちらから。

データ数制限として1ファイルあたり列数は20列、行数は無料ユーザが50行、有償ユーザなら500~2000行までキューRクラウドに登録できます。

貸し出し鍵リストExcelファイル作成

STEP2

続いて、先に作成した鍵理リストの貸し出し状況の編集画面でセレクトボックス式を採用するため、貸し出し状況のセレクトボックスメニュー用定義ファイルを準備します。1行目は「貸出状況」とし、2行目と3行目は「---」と「貸出中」の定義ファイルを作成します。

作成したファイル名を[select]貸出状況.xlsx”の名称でファイル保存しました

サンプルデータはこちらから。

貸し出し鍵リスト作成のセレクトメニューExcelファイル作成

STEP3

キューRクラウドにログインし、メニューから更新モードを選択します。

STEP1とSTEP2で作成した2つの定義ファイルをキューRクラウドに取り込みます。(取り込み操作はパソコンのみ対応)

キューRクラウドに取り込み

STEP4

取り込みに成功すると、定義ファイル名がリストに2つ表示されますので、定義ファイルアイコンをクリックし、データリストを表示します。

使うのはレンタル品の定義リストのみです。”[select]貸出状況”の方は何もしません。


定義リストの確認

STEP4

定義リスト名をクリックするとデータ内容が閲覧できます。想定通りにデータが登録されているかを確認します。

定義リストデータ画面にある鍵閉マークのQR発行ボタンを押すと備品の管理番号ごとにQRコードを生成することができます。

サンプルでは管理番号データ全件一括でQRコードを生成します。

定義リストのデータ表示

STEP5

QRコードをまとめて生成するため、印刷プレビューボタンを押しA4台紙に一括プリントアウトを行い、キーホルダーに貼り付けます。

png形式の画像ファイルとしてまとめてダウンロードすることもできます。

QRコード一括プリントアウト

STEP6

鍵を貸し出すまたは返却受付する場合、手元のスマートフォンからキューRクラウドにログインし、キーホルダーに添付したQRコードを読み取ります。

スマホの画面に読み取り結果が表示され、編集ボタンをクリックします。

QRコード読み取り後のデータ保表示

STEP7

貸し出す場合、編集画面から貸出日をカレンダーから選択入力し、貸出状況は「貸出中」、貸出者にお名前を入力して更新ボタンを押し、管理キーのデータを書き換えます。

詳細データの編集

利用履歴(追記モード)

利用した形跡をデータに蓄積していく利用履歴は多くの場面で使われてます。記録したいタイミングにQRコードを読むことで履歴ログを簡単に収集することが可能になります。

フリーアドレス座席利用履歴
オフィス入退室記録
勤怠管理(QRタイムカード)
保育園幼児登園記録

それぞれ目的は違いますが、あるイベントのタイミングにQRコードを読み取ることで、「いつ」「誰が」「どんなイベントで」をリアルタイムにクラウドデータ上にログを収集することができるようになります。ここで紹介するのはフリーアドレス形式のオフィスで社員がどこのテーブルを使ったのかを記録するシステムについて紹介します。

テレワーク採用企業の急増に伴い、これまでのような社員一人ひとりに固定席割当てを取りやめて、オフィス環境をフリーアドレスに変更しました。キューRクラウド追記モードをを使って利用履歴を取ることにしました。

STEP1

ログを取りたい対象のテーブル名称と着座時か離席時かの基本データをExcelで作成します。1行目はヘッダ名(カラム名)、2行目以降にデータ内容を記載します。1列名の情報は「場所」と「ステータス」別にQRコード発行を行います。

作成した基本データリストをキューRクラウドでは定義リストと呼び、作成したファイル名を定義ファイル名と呼びます。テーブル種別基本データ.xlsxの名称でファイル保存しました。

CSV形式(カンマ区切り、UTF-8 BOMなし)で作成することもできます。サンプルデータはこちらから。

フリーアドレスの履歴取得対象データExcelファイル作成

STEP2

パソコンからキューRクラウドにログインし、メニューから追記モードを選択します。

お手元のエクセルファイル(定義ファイル)をキューRクラウドにアップロードしてシステムに取り込みます。

ファイル取り込み

STEP3

取り込みに成功すると、定義ファイル名がリストに表示されますので、定義ファイルアイコンをクリックし、データリストを表示します

定義リストの内容確認

STEP4

サンプルでは机(座席)がA、B、Cの3席としています。今回の場合は一つの机(座席)に対し、着座用と離席用の2種類のQRコードを発行する設計としました。こちらのボタンを押すと備品データに対し1つずつQRコードを発行することができます。

上部の鍵マークリンクを押すと、全データ分のQRコードを一括発行することができます。

定義リストのデータ確認

STEP5

QRコードをpngファイル形式でダウンロードされるか、またはA4印刷を行い、管理する机(座席)に対し、着座用と離席用の2つのQRコードを貼付します。

QRコード一括印刷

STEP6

誰がQRコードを読み取ったのかを判定するため、社員一人ずつにゲストユーザを登録していきます(有料プランから利用可)。登録後はログインIDとパスワードを社員のみなさまに通知します。

ゲストユーザ新規登録

STEP7

ログインIDは自由に設定できます。ただし4文字以上48文字以下で、既に他(他契約者)で使用されていない文字列に限られます。

ゲストユーザ情報登録

STEP8

座席を利用される前に、予め割り当てられたゲストユーザログインIDとパスワードを使ってキューRクラウドにログインします。

机(座席)に貼付したQRコードをスマートフォンから読み取ります。QRコード読み取りは一般的なバーコードリーダアプリを使います。QRコードの中身はURLです。Webブラウザでアクセスします。

すると机名称(例:テーブルB)とステータス(着座)、ご自身のお名前がスマートフォンに表示され、利用履歴がクラウド上に記録されました。

QRコード読み取り実行

STEP9

追記モードから読取ボタンをクリックします。「いつ」、「誰が」、「どの机」の、着座なのか離席かのステータス情報のQRコード読取記録が確認できます。

必要に応じてEXCEL/CSV形式にてファイルダウンロードすることもできます。

読み取り結果の確認

更新モードと追記モードの利用事例をそれぞれ紹介しました。「キューRクラウド」の操作はシンプル。普段からExcelやAccessをお使いであれば直感的に操作ができます。

その他機能

商品詳細説明情報公開(Webモード)

お弁当の販売をしています。お弁当の情報をWebで開示するためキューRクラウドWebモードを使って簡易Webページを作成し、容器にQRコードを貼り付けて対応することにしました。

STEP1

スマートフォンから見やすい作表が望ましいので2列構成の表をExcelで作成しました。サンプルでは1列目に要素名を2列目に詳細を記載することにしました。

Excelファイル名がWebのタイトル名になるため、からあげ弁当.xlsxの名称でファイル保存しました。

サンプルデータはこちらから。

お弁当情報の作成

STEP2

キューRクラウドにログインし、メニューからWebモードを選択します。

STEP1で作成したお弁当情報のExcelファイルをキューRクラウドに取り込みます。(取り込み操作はパソコンのみ対応)

キューRクラウドに取り込み

STEP3

お弁当情報(からあげ弁当)がキューRクラウドに正しく取り込まれたことを確認します。

ファイル名がリストに反映(拡張子を除く)されています。Excelファイルで取り込んだ場合は1番目のシートの内容のみが登録されます。複数シートのデータが入っていても2番目以降のシート内容は無視されます。

キューRクラウドに取り込み確認

STEP4

QRボタンを押印するとWeb誘導用のQRコードが生成されます。QRコードを印刷してお弁当箱に貼り付けます。

QRコード生成

STEP5

お弁当を購入した人にQRコードをスキャンしてもらうと、スマートフォンにお弁当情報が表示されるようになりました。

QRコードをスキャン

市販商品バーコード記録(一般モード)

市販商品に印刷されている1次元バーコードやキューRクラウド以外で作成された二次元コードに含まれている文字列情報も、インターネットに接続されているパソコンと2Dバーコードリーダー(USBやBuletooth接続)を使うことでキューRクラウドに記録することができます。

キューRクラウドにログイン後、メニューから外部機器入力画面を開きます。入力フォームがアクティブになっていることを確認してからQRコードを読み取ります。バーコードリーダーの設定でサフィックス(ポストアンブル)をEnterになっていると連続読み込みができます。読み込むQRコードがキューRクラウドで作成されたコードなら所定の読取データに、一般モードに登録している1列目と文字列と合致した場合は一般モードに、それ以外の文字列はフリーモードに登録されます。


IoTデータの記録(フリーモード)

IoT機器で収集したデータをキューRクラウド上のデータベースに直接記録させることができます。下記の示すWebAPIをご用意しております。IoT機器からhttpsリクエスト(cURL)を行うとキューRクラウドへ値データを記録することができます。記録データはいつでもExcel/CSV形式にてダウンロードすることができます。

WebAPI
https://qrcloud.net/f?e=[ログインメールアドレス]&q=[値]

QRコードの利用範囲はWebアクセスの代替手段や決済処理だけではありません。QRコードを使うことでデータの詳細を表示させたり、入力業務の代替させたりと、あらゆる業務を省力化の可能性が広がります。